今日は、 うちのFedoraサーバに、ネットワーク負荷の他に、CPU使用率、空きメモリ量、ディスク使用率の統計をブラウザから監視できるようにするツール「 NET−SNMP+MRTG 」を導入したので、そのことについてです。

今までも、「 Cacti 」というサーバ監視ツールを使ってましたが、「 NET−SNMP+MRTG 」の方が単純でわかりやすいかなと思ったんで導入してみました。

導入にあたっては、Fedoraで自宅サーバー構築 を参考にさせてもらいました。 導入方法は こちら をご参照下さい。 ※いつもお世話になり、大変助かります。

導入した結果、 こんな画面で監視ができるようになりました。

fedora_mrtg_01

  • eth0トラフィック
  • CPU使用率
  • 空きメモリ量
  • ディスク使用率

の各グラフをクリックすれば、それぞれの日・週・月・年の統計が見られるグラフになります。

でも、ただ自分の目で監視できるだけ。 ※警告とか出せるんかな~?

今回は以上ですが、このMRTGにハードディスクの温度の監視もできるようにしたいと考え中!(「 hddtemp 」を使って)

   それでは、また。