最近、職場でもチョビっと時間ができることがあるんで、職場から自宅のFedoraサーバへのアクセスを試みています。

もちろん、Webサーバ(自分のWebサイト、ブログサイト)は見れます。

次にFTPサーバにアクセスできるか試してみました。 自宅で、あらゆる設定を確認・修正後、職場からアクセスしてみました。

結果、一応(?)アクセスできました。

本当はPASVモードでアクセスしたかったんだけど、PASVではなぜかアクセスできませんでした。 多分、微妙な設定の違いだと思っています。

でも、自宅サーバでFTPサーバを立てるのはあまりお勧めではない、この世の中です。 (FTPは平文なんでハッキングされやすい、から)

なので、SSH方式によるアクセスを試してみました。

「 WinSCP 」というSSH対応のファイル転送ソフトです。

自宅でサーバにファイル転送するときなんかには使用しています。 職場のPCに「 WinSCP 」をインストールし、自宅で使用している「 WinSCP 」用の秘密鍵を指定して、起動&アクセス。

すんなり、アクセスできました。 試しに、自宅サーバ内のファイルをダウンロードしていましたけど、できました。

やっぱ、職場からFTPでのアクセスはヤメにして、「 WinSCP 」を使うことにします。。。

これで、ファイル転送については、一段落。。。

   今度は、「 Poderosa 」というターミナルエミュレータを使用して、職場から自宅サーバをリモート操作してみます。 ※これも以前したことあるんで、多分(?)できるはずです。

   結果は、また。

   じゃ。