先日は、職場から「 WinSCP 」による接続(ファイル転送)を試みて、とりあえずうまくいきました。

今回は、ターミナルエミュレータ「 Poderosa 」による リモート接続 に挑戦しました。 以前やったことあるし、うまくいっていたんで、心配はしていませんでした。 ※ターミナルエミュレータには「 TeraTerm 」とか「 Putty 」とかありますが、いずれも試したことあります。

今回、ターミナルエミュレータに「 Poderosa 」を選んだ理由は、今自宅のWindowsマシンからFedoraサーバへのリモート接続も「 Poderosa 」を使ってるんで、同じ方が操作も慣れているしいいかな、と思ったからです。

そして、実際に職場のPCに「 Poderosa 」をインストールしました。 さらにグローバルIPとかの設定をし、自宅Windowsマシンから 鍵方式 で接続するときに使用している 秘密鍵 を職場PCへコピーして使い、いざアクセス。。。

なんと、 イッパツでつながりました。

でも、普段は職場から自宅Fedoraサーバへリモート接続することもないとは思うけど・・・ いざという時のため、ということで。。。

   じゃ。