先日、念願の自作したマシンにWindows7RC版をインストールできることは確認できました。

これで、本リリース時には安心してインストールできると思います。

しかし、今Windows7RC版をインストールしても、使用期限があるので、メインマシンのOSとしては使えません。

そこで、今まで使用していたマシンのWindowsXP・Proをインストールしてみました。

別にインストール方法はここで説明しません。

普通にインストールするだけです。

インストールはすんなり完了!

で、心配なのが、「 アクティベーション 」。

使用中のWindowsXPが正規の製品かどうかの認証です。

普通、別のマシンにXPをインストールすると、オンライン認証ができず、電話でセンターに問い合わせないといけないんですが、、、

なんと、うまく認証されました。

実は、今まで使用していたマシンのDVDドライブを新しい自作マシンに移設していたのがよかったのかもしれません。 (ハードの構成をチェックして、認証しているようなのですが、DVDドライブだけでよかったのか???)

ま、とりあえずはOKということで。。。

これから、今までのメインマシンの環境を新しい自作マシンでなるべくそのまま再現できるようにセットアップしていくことにします。

   今日はこのへんで。

   じゃ。