今日は、Fedora10をインストールマシンにセキュリティ関連の設定を行いました。。

こちら[ Fedoraで自宅サーバー構築 ]さんの「 サーバー公開前のセキュリティ強化 」の手順どおりに。

設定方法はホントにこちらのままです。

なので、ここでは説明しません。 (あしからず。。。)

※そして、もちろん作業は「 Poderosa 」によるリモート操作で行っています。

実際には、

1.ファイル改竄検知システム導入(Tripwire) 2.rootkit検知ツール導入(chkrootkit) 3.アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus) 4.ファイアウォール構築(iptables)

の設定を行いました。

特に問題はありませんでした。 よしよし。

あ、でもこのセキュリティの設定の前に 「 Perlモジュールを簡単にインストールできるようにする 」というのありますが、 なんだか、うまくいなかったし、今のところ必要なものかどうかも不明なので、今回は飛ばしました。

   では、また。