今日は「JavaScript」で上位桁にゼロのある数値jからゼロを削除したり、逆に指定の桁に満たない数値にゼロを付加する方法についてです。

1
2
3
4
//ゼロサプレス
function zeroSuppress( val ) {
return val.replace( /^0+([0-9]+)/, "$1" );
}
1
2
3
4
//ゼロパディング
function zeroPudding( val ) {
return ( "0" + val ).slice( -2 )
}

※上記のゼロパディングは2桁の例。

実際には当方は「onfocus」(テキストボックス編集)時にゼロサプレス関数、「onblur」(ロストフォーカス)時にゼロパディング関数を呼び出して使用しています。

以上です。