Debian GNU/Linux 7 Wheezy サーバ上にサーバ監視ツール munin をインストール・設定する方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 7.1.0 での作業を想定。
  • Web サーバは Nginx を想定。
  • munin 用ディレクトリは “/var/www/munin” とする。

1. munin インストール

munin を以下のようにしてインストールする。

1
# aptitude -y install munin

2. 設定ファイル編集

設定ファイル “munin.conf” を以下のように編集する。

File: /etc/munin/munin.conf

1 dbdir   /var/lib/munin    # < = コメント解除
2 htmldir /var/www/munin    # < = コメント解除&変更
3 logdir /var/log/munin     # < = コメント解除
4 rundir  /var/run/munin    # < = コメント解除
5 #[localhost.localdomain]  # < = コメント化(変更したければ)
6 [hoge.mk-mode.com]        # < = 追加      (変更したければ)

3. ディレクトリ作成

munin 用ディレクトリを所定の位置に作成する。

1
# mkdir /var/www/munin

そして、所有者・所有グループを変更する。

1
# chown -R munin:munin /var/www/munin/

4. 監視項目の確認

以下のようにして、監視項目を確認できる。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
# munin-node-configure
Plugin                     | Used | Extra information
------                     | ---- | -----------------
acpi                       | no   |
amavis                     | no   |
apache_accesses            | no   |
apache_processes           | no   |
apache_volume              | no   |
         :
===< 途中省略 >===
         :
vmstat                     | yes  |
vserver_cpu_               | no   |
vserver_loadavg            | no   |
vserver_resources          | no   |
yum                        | no   |
zimbra_                    | no   |

5. Nginx 設定

Web サーバに Nginx を使用する場合は、設定ファイルに以下のような記述を追加する。(server ディレクティブ内に)

File: /usr/local/nginx/conf/nginx.conf

 1 http {
 2     server {
 3 
 4         location /munin {
 5             alias /var/www/munin;
 6             index index.html index.htm index;
 7             allow 127.0.0.1;
 8             allow 192.168.11.0/24;
 9             deny  all;
10         }
11 
12     }
13 }

ちなみに、Web サーバに Apache を使用する場合は以下のような設定になる。

File: /etc/httpd/conf.d/munin.conf

1 ScriptAlias /munin/cgi/ /var/www/munin/cgi/
2 Alias /munin/ /var/www/munin/
3 <Directory /var/www/munin>
4         Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
5         AllowOverride All
6         Order deny,allow
7         Allow from all
8 </Directory>

6. Web サーバ再起動

設定を有効化するために Web サーバを再起動する。(以下は Nginx の例)

1
2
3
# /etc/init.d/nginx restart
Restarting Nginx Daemon: nginx
Restarting Nginx Daemon: nginx.

7. munin-node 起動

munin-node を起動する。

1
2
# /etc/init.d/munin-node start
Starting Munin-Node: started beforehand.

8. 自動実行設定

マシン起動時に自動で起動するよう設定する。(以下は sysv-rc-conf を使用した例) (デフォルトで自動起動するようになっているかも知れない)

1
2
3
# sysv-rc-conf munin-node on
# sysv-rc-conf --list | grep munin-node
munin-node   0:off      1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off  # < = 2,3,4,5 が on になっているのを確認

9. 動作確認

ブラウザで http://<Webサーバのホスト名 or IP アドレス>/munin にアクセスし、表示されることを確認する。

DEBIAN_MUNIN


以上。