Debian GNU/Linux 10 (buster) をサーバ用途・最小構成でインストールする方法についての記録です。

以前古いバージョンでの作業時に残していた記録を参考に作業を行い、今回更新した作業記録を貼付する形式の内容となっています。
(当然ながら、興味がなければスルーしてください)

0. 前提条件

  • 当記事執筆時点で最新の Debian GNU/Linux 10.0.0 をインストールする。
  • Oracle VM VirtualBox で仮想マシンにインストールする。
  • 仮想マシンのメモリ容量は 2GB, ディスク容量は 300GB を想定する。
    ネットワークはホストOSからゲストOSへアクセスしたいので「ブリッジ」とする。
  • DHCP を使用しない。(ネットワークは手動で設定する)
  • パーティションは手動設定する。
  • プロキシは使用しない。
  • ソフトウェアのインストールは行わない。(ソフトウェアを必要になったときにインストールするので)

1. インストールイメージのダウンロード

以下のサイト、もしくは国内ミラーサイトから ISO イメージをダウンロードする。

今回当方は AMD64 版 NetInstall CD イメージ “debian-10.0.0-amd64-netinst.iso” をダウンロードした。(DVD 版でもよいが、必要なものは必要なときにインストールできればよいので)

以下は、 JAIST のミラーサイト。

当然、ダウンロード後は CD(DVD) に焼き付ける。(ブート可能オプション必須)
仮想マシンにインストールするならディスクに焼き付けなくてもよい。

2. インストール

以下のような手順でインストールする。
(スクリーンショットは、画像が多くなるため非掲載。以下の文章だけで理解できるはず)

  1. Boot Menu
    “Install” を選択する。(綺麗な画面がよければ “Graphical install” を選択する)
  2. Select a language
    インストール中に使用する言語を選択する。
    当方は「Japanese - 日本語」を選択。("English - English" でもよい)
  3. 場所の選択
    「日本」を選択する。
  4. キーボードの設定
    「日本語」を選択する。
  5. ネットワークの設定
  6. 「ホスト名」にマシンに設定するホスト名を入力し、次へ進む。(今回の例では vbox
  7. 「ドメイン名」にドメイン名を入力し、次へ進む。(今回の例では mk-mode.com
  8. ユーザとパスワードのセットアップ
  9. 「root のパスワード」に root のパスワードを入力し、次へ進む。(必要であれば、「パスワードを表示」にチェック入れて確認できる)
  10. 確認のために root のパスワードを再入力し、次へ進む。(必要であれば、「パスワードを表示」にチェック入れて確認できる)
  11. 「新しいユーザの本名(フルネーム)」に一般ユーザのフルネームを入力し、次へ進む。
  12. 「あなたのアカウントのユーザ名」に一般ユーザ名を入力し、次へ進む。(デフォルトでファーストネームが小文字で表示される)
  13. 「新しいユーザのパスワードを選んでください」に一般ユーザのパスワードを入力し、次へ進む。
  14. 確認のためにユーザのパスワードを再入力し、次へ進む。
  15. ディスクのパーティショニング
  16. 「手動」を選択する。(当然、他でもよい)
  17. パーティショニングするハードディスクを選択する。(今回の例では sda
  18. 「Debian インストーラメインメニュー」で「ディスクのパーティショニング」を選択する。
  19. 「このデバイスに新しい空のパーティションテーブルを作成しますか?」で「はい」を選択する。
  20. 空き領域にパーティションを作成していく。以下、当方の例。(MEM:2GB, HDD:300GB)
    (左から、基本/論理、容量、ファイルシステム、マウントポイント、ラベル、起動フラグ) text 基本 1 GB ext4 /boot boot B 論理 4 GB swap swap 論理 2 GB ext4 / root 論理 20 GB ext4 /usr usr 論理 100 GB ext4 /var var 論理 2 GB ext4 /tmp tmp 論理 残り ext4 /home home 最後に「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選択する。
  21. 「ディスクに変更を書き込みますか?」で、内容を確認して「はい」を選択する。
  22. インストールが開始される。
  23. パッケージマネージャの設定
  24. 「別の CD や DVD を検査しますか?」と問われるが、「いいえ」で次へ進む。
  25. 「Debian アーカイブミラーの国」では「日本」を選択する。
  26. 「Debian アーカイブミラー」では接続したいアーカイブミラーサイトを選択する。(通常は “ftp.jp.debian.org” か、他の国内のサイト)
  27. 「HTTP プロキシの情報」ではプロキシの設定を行うが、使用しない場合は空のまま次へ進む。
  28. popularity-contest を設定しています
    パッケージの利用調査に参加するか問われるので、「いいえ」を選択する。(参加は任意なので「はい」でもよい)
  29. ソフトウェアの選択
    「SSH サーバ」と「標準システムユーティリティ」にのみチェックを入れて次へ進む。(その他は必要なときにインストールするので)
  30. ハードディスクへの GRUB ブートローダのインストール
  31. MBR(マスタブートレコード)に GRUB をインストールするか問われるので、「はい」を選択する。
    (デュアルブートや、別途ブートローダを使用する場合は「いいえ」を選択する。ブートローダについて理解していないとインストール完了後に起動しなくなるので注意)
  32. 「ブートローダをインストールするデバイス」ではブートローダをインストールするディスクを選択する。
  33. インストールの完了
    ディスクを取り出し(仮想マシンなら切断(アンマウント)していることを確認し)、「続ける」でシステムを再起動する。
  34. 再起動後
  35. ログインコンソール画面が表示されればインストールは成功。
  36. 登録したユーザや root でログインできるかも確認する。

3. 参考


以上。