Ruby でスピアマンの順位相関係数(Spearman’s Rank Correlation Coefficient)の計算をしてみました。

0. 前提条件

  • Debian GNU/Linux 10.2 (64bit) での作業を想定。
  • Ruby 2.7.0 での作業を想定。

1. スピアマンの順位相関係数について

各変量を順位に変換してピアソンの積率相関係数(いわゆる相関係数)を求めたものを スピアマンの順位相関係数(Spearman’s Rank Correlation Coefficient) と呼ぶ。

実際にはまず、 対の変数 のそれぞれに順位をつける。但し、同順位(タイ)がある場合は中央(平均)順位(mid-rank) で順位をつける。
(e.g. 2位が3個ある場合、 。3位が2個ある場合、

そして、次の式によりスピアマンの順位相関係数 (または )を求める。

(1) 同順位(タイ)が存在しない場合、

(2) 同順位(タイ)が存在する場合、

(注) 同順位が存在しない場合は (2) の となり、結局 (1) になる。よって、同順位(タイ)が存在しない場合と存在する場合で場合分けをせず、全て (2) で計算しても、結果は同じになる。

また、スピアマンの順位相関係数は、値を順位に置き換えたもの(同順位(タイ)は中央順位法)の相関係数(ピアソンの積率相関係数)であるので、当然、以下の計算式でも計算できる。

さらに、同順位(タイ)が存在する場合の計算式を以下のように説明している文献(特に海外の文献)も多い。(但し、前述の計算式で計算した結果と若干の差異がある)

2. Ruby スクリプトの作成

  • Array クラスを拡張する形式にしている。
  • Shebang ストリング(1行目)では、フルパスでコマンド指定している。(当方の慣習
calc_rcc_spearman.rb
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
#! /usr/local/bin/ruby

class Array
  def rcc_spearman(y)
    # 以下の場合は例外スロー
    # - 引数の配列が Array クラスでない
    # - 自身配列が空
    # - 配列サイズが異なる
    # - 数値以外のデータが存在する
    raise "Argument is not a Array class!"  unless y.class == Array
    raise "Self array is nil!"              if self.size == 0
    raise "Argument array size is invalid!" unless self.size == y.size
    (self + y).each do |v|
      raise "Items except numerical values exist!" unless v.to_s =~ /[\d\.]+/
    end

    # ランク付け
    rank_x = self.map { |v| self.count { |a| a > v } + 1 }
    rank_y = y.map { |v| y.count { |a| a > v } + 1 }
    # 同順位を中央(平均)順位(mid-rank)に
    rank_x = rank_x.map do |v|
      c = rank_x.count(v)
      (v...(v + c)).sum / c.to_f
    end
    rank_y = rank_y.map do |v|
      c = rank_y.count(v)
      (v...(v + c)).sum / c.to_f
    end
    # 同順位の数
    tai_x = rank_x.group_by { |a| a }.map { |k, v| [k, v.size] }.to_h
    tai_y = rank_y.group_by { |a| a }.map { |k, v| [k, v.size] }.to_h
    # Tx, Ty の sum 部分
    s_x = tai_x.select { |k, v| v > 1 }.map do |a|
      a[1] * a[1] * a[1] - a[1]
    end.sum
    s_y = tai_y.select { |k, v| v > 1 }.map do |a|
      a[1] * a[1] * a[1] - a[1]
    end.sum
    # 相関係数
    n = self.size
    n3 = n * n * n - n
    t_x = (n3 - s_x) / 12.0
    t_y = (n3 - s_y) / 12.0
    s = rank_x.zip(rank_y).inject(0) { |s, a| s + (a[0] - a[1]) * (a[0] - a[1]) }
    return (t_x + t_y - s) / (2 * Math.sqrt(t_x * t_y))
  end
end

# タイ(同順位)が存在しない例
#X = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
#Y = [1, 3, 5, 7, 9, 2, 4, 6, 8, 10]
# タイ(同順位)が存在する例
X = [1, 2, 3, 4, 5, 5, 7, 8, 9, 10]
Y = [1, 3, 5, 6, 9, 2, 4, 6, 8, 10]
# サイズが異なる例
#X = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
#Y = [1, 3, 5, 7, 9, 2, 4, 6, 8]
# X のサイズがゼロの例
#X = []
#Y = [1, 3, 5, 7, 9, 2, 4, 6, 8, 10]
# 数値以外のものが存在する例
#X = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
#Y = [1, 3, 5, 7, 9, "ABC", 4, 6, 8, 10]

puts "  X = #{X}"
puts "  Y = #{Y}"
puts "  Spearman's RCC = #{X.rcc_spearman(Y)}"

3. Ruby スクリプトの実行

まず、実行権限を付与。

1
$ chmod +x calc_rcc_spearman.rb

そして、実行。

1
2
3
4
$ ./calc_rcc_spearman.rb
  X = [1, 2, 3, 4, 5, 5, 7, 8, 9, 10]
  Y = [1, 3, 5, 6, 9, 2, 4, 6, 8, 10]
  Spearman's RCC = 0.7073170731707317

以上。