C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(e指数回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。

C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(指数(ab指数)回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。

C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(べき乗回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。

C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(分数(逆数)回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。

C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(自然対数回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。

C++ で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰曲線(ルート回帰モデル)を計算する方法についての記録です。
今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用します。

過去には Fortran 等で実装しています。