Fortran 95 で、数値からなる同サイズの配列2つを説明変数・目的変数とみなして単回帰直線を計算する方法についての記録です。

今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去」を使用します。
過去にも行いましたが、その際は連立1次方程式を解くのに分散/共分散を使用する方法(実際にはその変形版)を使用しました。

Ruby で Array クラスを拡張して回帰式が2次の単回帰曲線を計算してみました。
※今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用。

過去にも行いましたが、その際は連立1次方程式を解くのに分散/共分散を使用する方法(実際にはその変形版)を使用しました。

Ruby で Array クラスを拡張して単回帰直線の切片と傾きを計算してみました。
※今回は連立1次方程式を解くのに「ガウスの消去法」を使用。

過去にも行いましたが、その際は連立1次方程式を解くのに分散/共分散を使用する方法(実際にはその変形版)を使用しました。