以前、 Fortran 95 で、説明(独立)変数2個、目的(従属)変数1個の「重回帰式」を計算する方法を紹介しました。

今回は、説明(独立)変数3個の場合の重回帰式を計算してみました。

前回、同じことを Ruby で Array クラスを拡張する方法で実装しています。

以前、 Ruby で、説明(独立)変数2個、目的(従属)変数1個の「重回帰式」を計算する方法を紹介しました。

今回は、説明(独立)変数3個の場合の重回帰式を計算してみました。